ペット保険には使用回数制限があります

ヒトの健康保険には使用回数制限はありませんが、ペット保険には多くの商品に使用回数制限があります。なぜなら、保険支払いが発生した際に原資となるのは、加入者の保険料とその運用益のみですから、ヒトの健康保険のように税金で不足分が補填されることはありません。公平に補償を受け取るためにも、特定のペットだけが多額の補償を受け取ることを制限する必要があります。手術費についても免責事項や上限額が設定されていることからも、ペット保険の利用には公平性の観点から一定の制限が設けられているわけです。

かかりつけ医によって適したペット保険は違います

よく利用する動物病院により、最適なペット保険は異なります。なぜなら、ペット保険の中には保険証を提示すると窓口負担分のみを支払えば診療を受けることが出来る病院があります。全てのペット保険に対応しているわけではなく、かかりつけ医がいる動物病院と提携しているペット保険を選べば保険請求事務を動物病院側で行ってもらえるので、窓口では自己負担分のみ支払えばペットの診療を受けられるのです。急な病気が発生した時など、いくら請求されるか心配ですが、ペット保険に入っていて対応している病院ならば負担感を大幅に減らせるでしょう。

保障内容をどこに重点を置くか考えましょう

ペット保険で保障される内容は、どこに重点を置いた保険を選ぶかで大きく変わります。日常の病気疾病に対する保障を厚くするか、手術費に対して特約を付けて厚くするかなど、ペット保険では保障内容に自分で比重を置いて掛けることが出来るわけです。保険料が高額になりすぎないように注意しながら、いざという時の補償を多く受けられるよう自分で設計をする必要があります。規約改定があった場合には、ペット保険の補償内容に大きく関わる可能性があるので、必ず確認することが大切です。

ペット保険とは、自己が所有するペットが病気にかかり治療をした場合に生じた費用を保障することを目的とする保険です。